14
 
 素敵な旅人からメッセージいただく

そのmextuse-zi に「チャーミングなヨッシーに出会えて」の

文字があり、私にチャーミングはない、オドロキ、辞書を引き直す

したら、とても可愛らしいの他に、魅力的で人のココロを引きつけるさま、

とても素敵、とても感じのよいの意味があるを知る、

ありがとう、お伽の国にもないようなmail、ミオさま、

 11、12日にご案内させていただいた、写経もする勤行もする鎌倉の2人、

山形にて教鞭をとるを教えていただき、私が故里の少年少女の鍛錬遠足で話した

「真似して学んで越えてゆく」のメッセージ、笑いながら聞いてくださった2人をモデルにして〜

おはようございます、


10

 9日、首都圏からの旅人6人、

吹奏楽部と聞いたのでハッピートランペット貸すと、

私より上手に鳴らす、上手に鳴らしてくれることが嬉しい、

目に見えない熊野の何かを伝えたくって、私は直向きに語る

私により語らすエネルギーを私にくださったSさん・Yさん・Yさん

ありがとう、今度は山々を眺め歩きましょう、また会えることを願っています、



 6日、田辺市職員組合ゆとり対策事業の

語りべ・ガイド、潮見峠越6,5q、200分笑顔の中で結ぶ、

お守りの体操は自称ひっこみじあんにタノム、

捻木峠からの大辺路風景の紹介はチャーミングさんにしてもらう

ハッピートランペットはヨコヤ&モリキちゃんに鳴らしてもらう、

なるったけキャチボールしながらのウォークをと考えてガイドする、

 4〜11月股末までもらっている赤リュック・ウォークプラン語りながら、

6月坂本オフィスメイトでの講師54時間、

7月「街道を歩く会」5年に渡っての集大成のアユ&ウォーク(アユ釣れなくって苦戦)、

8月今日の「ゆとり対策事業」つtがなく越えて今安堵〜

オフクロの初盆終わったら、沖縄山の友、阪神電鉄山岳会、清水グループが

待ってくれている、ありがたいです、がんばります、

写真、潮見峠、遠望に野竹法師・嶽山



8/1
 愉しい感性のある旅人と歩く、

夜勤明けの疲れ、忘れさせてくれる笑顔、ありがとう、see you agein

31
 永きに渡って赤リュックと

歩いてくださった「街道を歩く会」のキャンプ・ウォーク終わる、

健脚メンバーも、歩きの姿、少しユックリリズム、こんなはずじゃなかったの風景チラホラ、

そぅ云っている私も、確認ミス、思い込みから、皆さま東京に帰る電車の時刻間違える、

JR現役時代には、なかったことだのに〜自分を見つめなおす、

お別れに、Eちゃんから云ってもらった「少しさびしい」が嬉しかった、

皆さま、いぃ縁にありがとうございました、ココロから、

29
 若いって、いぃなぁ、素晴らしいなぁ、

滝尻の急峻歌いながら登る、紀南病院看護士学校の生徒たち、

滝尻王子〜高原〜栗栖川バス停6q、10;00〜13;50ウォーク

それからJRモリGroupのキャンプに参加、

国家権力の怖さを知った分割民営を真っ直ぐ越えて行くために選択した

特急運転士〜保線マンへ、そのときお世話になった仲間、

ふたたび運転士にカムバック〜吉川・光雄・百武・山地たち19才

一緒に電車走らせたこと語り合う、

いずれのメンバーからもラストランに花束もらったこと

忘れていないから〜ありがとう、


27  
 出会ってくれてありがとうの

誠さん・はなちゃん・さえさんと乳岩を往く、可愛い笑顔が嬉しい〜

夜勤明け26日、赤リュツク・ウォークプランで

首都圏からの旅人、音楽大好き、本大好き、絵画大好き、ウォーク大好き

4人をガイドする、歩きはじめ雨どしゃ降りになる、藝大の経験を生かし

展望台まで語り最小限にして歩く、屋根のある展望台で23分語り休む、雨が止む、

近露の風景、モヤッて幻想の熊野を見せる、かおるちゃん雨もよしを云ってくる、

さちこいゃんの笑顔が嬉しい〜サワガニに出会いながら皆笑う、

ありがとう、愉しい旅を願いながら〜


21

 7月20日、オフクロ95才を生きて、啓明となり天に召される

それに家族・兄弟頑張り、周りの人々に愛をもらった日、もぅ壱年速いなぁ、

今年の20日は首都圏からの素敵な旅人2人に、

熊野の目に見えない何かを伝える語りべとなれる、ありがたい

真摯に聴いてくださって、ありがとう、

すべての言葉に意味がある、狼怖い動物に思うかも知れないが空に描いたらケモノ辺に

良いと記す、本当は良い動物〜、

新幹線のこだま号の名称、公募10位だったのに選ばれたのは、

新幹線によって、はじめて東京〜大阪間電車で日帰りすることできるようになった、

すなわちこだますることができたから公募2〜9位ごぼう抜きして選ばれる、

オモシロいと感心してくれる、マネの話しにはオシャレと云ってくる、

感性のあうものとの刻は、あっと云う間に走る、ありがとう、

また会えることを願っています、

 
17
 赤リュック・ウォークプランにて

夜勤明け、首都圏からの旅人ご案内する、いぃ経験いただいている、

お店時代は滝尻王子〜乳岩の語り、自分に叩き込んだ、

今は、赤リュックウォークプラン牛馬童子口〜近露王子のガイドで自分を鍛えている、

そこで貰った 嬉しかった旅人からの声

「あんたの空海さんの話し、高野山のお坊さんに聞いた話より分かりやすい」、

「あっと云う間に終わった、もぅ終りか、又来る、今度はどこがいぃ」、嬉しかったなぁ、

「幻想的な熊野小雲、そして果無のブナ林に行こう」、私は語り送る、


9
 語りべ・英語クラブの真子ちゃんとケネスに

ハッピー・トランペット贈る、この地方の名物「辻の餅」もらう、美味しかったです、

その真子ちゃん、あんた富田川のこと語っておったけれど、そのこと教えてと云ってくる、

私の語りはアドリブだから、はじめピンとこなかったが、彼女が聞きたかったのは

3杯目あたりで、軽く汗が出て不平不満は毛穴から出てゆくの下りだった〜

3ヶ月もまえに遠くで居たのに聞いてくれていたこと、教えてくれと云ってくれたこと

嬉しく自信につながる〜彼女と感性に同類項のところがあるのかも


 七夕の日

6月の12日からはじまった

就職支援学級観光学科16名にJTB発行観光学基礎をベースにして、

熊野古道を織り混ぜながらの6時間授業の講師活動、皆に助けられながら終る、

山を歩いてこその私だからクタクタ、でも、いぃ経験、達成感にありがとうです、 

あしたから、「熊野古道を訪れた人々に眼に見えない何かを伝える語りべ」、

群馬の旅人からもらったメッセージを語りの道しるべにして、ふたたび歩きます、

少し太ったヨッシーから、


            

2017年07-08月

ヨッシー語りべ日記
2017年07-08月