古道語りべ・熊野赤リュック

                (公社)和歌山県観光連盟「紀州語り部」登録番号81−9
                          

      (地球の歩き方・熊野古道)、もてなし人に選ばれたこと。

     (あんたの話しを聞かせたら、熊野がわかったと旅人は云う)、バスガイドさんが私にくれた声。
     これらを励みにし、意気に感じ、それをエネルギーにして、

     わかりやすい・たのしい・なるほど・に至る、語りをモットーにして、ふるさと熊野をご案内する。
     ヨッシー主宰の(赤リュック)、どうぞよろしく。

        語りべ・ ガイドエリア

   
 世界遺産・中辺路ルート
 距離  時間  プロフィール
 1
滝尻王子〜高原熊野神社 3,7q 3H  往時を偲ぶにはふさわしい道、
そこには乳岩伝説が息吹き・やまびこが待っている。
 2
高原熊野神社〜近露王子 9,3q 6H  春はグリーン、秋は、
ゴッホもモネもびっくりの色彩の神さまに抱かれながら行く
 3
近露王子〜小広王子 7,0q 4H  乙女の寝顔を眺め、伝説を謳い、里道を歩く〜
 4 小広王子〜発心門王子 11,q 6H  苦をもった者や、病んだ者たちが、
希望を求めて歩き続けた道、岩神を越える
5  発心門王子〜本宮大社
         (大斎原)
7,7q 4H  800年まえの貴族たちを感動させた、
神域から〜,より素敵な自分作りの旅の結びへと進む〜
 6 潮見峠越え
 (長尾坂〜清姫街道)
12 ,q 6H  哀しい恋清姫伝説や、海に出会いながらのウォーク
 7
    大日越え 3,4q 3H  きびしく登って、険しく本宮に降りる
 8
    赤木越え 5,9q 4H  アサマリンドウ、果無のやまなみに、
こころ揺らしながら湯の胸にいこえる
 9
   小雲取越え 13,q 6H  百間ーからの熊野、それは素敵、いぃ道だょ
 10 大雲取越え
(那智・青岸渡寺・大門坂)
17,q 9H  きびしい石畳みを踏みしめ、越前を越えて那智にむかう
 11 小辺路・果無峠越え
    (昴の郷〜八木尾)
11,q 7H  1000m越え、そこには、大雲取山・玉置山・
伯母子岳、ときには釈迦ヶ岳遠望がある〜往こう一緒に、
 12  果無縦走トレッキング
(黒尾山〜果無集落〜昴)
16,q 8H   冷水から、釈迦岳、法師・大塔・大雲取を眺める、
ブナ林の絨毯、そこにはココロ、愉しくするものがある、

        ・ご案内時間、スローペースで記しています、

       

       古道語りべ・ 熊野赤リュック・ガイド代 (1・グループ)     

    世界遺産・中辺路ルート 語りべ・ガイド代
 1 滝尻王子〜高原熊野神社 7,000円
 2 高原熊野神社〜近露王子 7,000円
 3 近露王子〜小広王子 7,000円
 4 小広王子〜発心門王子 7,000円
 5 発心門王子〜本宮大社(大斎原) 7,000円
 6 潮見峠越え 7,000円
 7 大日越え 7,000円
 8 赤木越え 7,000円
 9 小雲取越え、 10,000円
 10 大雲取越え 17,000円
 11 小辺路、果無峠越え  10,000円
 12 果無トレッキング・黒尾〜果無集落・昴 17,000円

  
   依頼留意点
 
  ・記載のガイド代、(ワングループ)での料金です、
  ・ガイド1人でのご案内人数、中型バス一台27名くらいがめど、
  ・より安全のためのサポーター採用制度あります、リタイヤポイントあります、
 
  ・荷物搬送制度もあります(龍神バス・アンちゃんの店等に依頼)、
 
  ・傷害保険加入手続き等の関係から早い目の予約希望します、    
  ・案内による、事故、トラブル、会と案内した個人、責任は負いません、ご了承よろしくお願いします、
 
  ・記載内容は変わることがあります、


 赤リュック・メンバー

  水本好則・裏地好晴・戎礼子・三ッ木望・小野谷透・山本敏一・前田博之・岩本淳・小松利幸・生部均・惣坊均・伊藤廣


 連絡先

  〒646−1434 和歌山県田辺市中辺路町温川943-4 ;中辺路赤リュツク事務局 水本好則

      пEfax;0739‐64‐0114 携帯:090‐5067‐1068 HP;富田川ロマン・果無山河「熊野赤リュツク」
 
  〒646−0021 和歌山県田辺市あけぼの37−20 ;龍神バス赤リュック事務局 小野谷透

      пG0739‐20‐4325 fax;0739‐24‐1212 携帯;090‐7877‐5885 HP;http://www.ryujinbus.com
      
                       

                           

       
                  


    

    ヨッシー熊野を語る〜

  熊野古道、先人たちは何を求め、何を信じ歩き続けたか、
 それは、このように記されている。
  
  
  熊野は、不思議な国である、
 そして熊野は、たくさんの人々が蘇らせていただいた国である

  たくさんの苦をもった者や、たくさんの病んだ者たちが、
 希望を求めて、歩き続けた道が、熊野古道
  ふるさとの道、熊野古道、わたしは希望の道と語りたい

  その希望の道、先人たちは、何を信じて歩き続けたか
 それは、このように記されている

  我慢の向こうには、うれしいものがある、我慢の向こうには、光るものがある
 そして、それらを信じえる道が熊野古道・・・




     歩いて湧くこころ、詩にしたら〜、
 
  自然が作った 楽譜のない名曲を, 風の中に 聴きながら

             頭の上には 天を感じて、足の下には 大地を感じて

                               光の中 風の中 
 
                         熊野と云う 宇宙の波に 出会いに来ています

                             愛する人へ 語りッぺ・ヨッシーってとこかなぁ〜